ピンカピエ&アンドリヒ獲得!(ウェンデウ今までありがとう)

レバークーゼン 21/22

 

いい補強ですね。守備陣が充実してきました。

もしかしてターもいなくなるかな?と思っていましたが、いやはやタㇷ゚ソバだって怪しいもんです。

ともあれレトスもいるしDFが充実ですね。どうせ怪我で人員不足になるんだらか良い良い。

ちょっと忘れてたけどアリアスもいるんだったww

また、ウェンデウお別れですな。聞けば、レバークーゼンのブラジル選手では一番出場しているとのこと。2位はフアン。レバークーゼンとブラジルの関係は今後も続くのでいつか戻ってきてほしいな。ヘンリヒスとのポジション争いには勝っていたわけだしよくがんばったね。お疲れ様です。ポルトでもがんばってくれ。

さてさて、ピンカピエもいいニュースだけど、噂されていたアンドリヒの獲得。いきなりベンダーの8番をつけると。似合う・・・彼はきっとかなり良い選手。中盤でどんどんつぶしてほしいですね。アランギスがいないときとかもうリーダーになってほしいです。

それではアンドリヒのインタビュー↓

…バイヤー04での第一印象:非常に前向きでした。私が慣れなければならない新しい顔や名前が沢山ですね-私は何度か尋ねないとね。(彼は笑う) ミッチェル・ヴァイザーとヨエル・ポーヤンパロは私がよく知っているプレーヤーです。私は1994年に生まれなので、ユースチームでミッチと対戦することがよくありました。また、ドイツのユースチームで彼と一緒にプレーしました。そして、私はユニオンで昨シーズンからヨエルを知っています。

…ユニフォーム背番号の背景:フットボール選手として、常にどの選手の番号なのかを考えています。ラースベンダー(レバークーゼンで12年間、現在は名誉キャプテン)は、このクラブで素晴らしいキャリアを積みました。しかし、それが理由で大きなプレッシャーにはなっていません。この番号は、中央ミッドフィールドでの私の位置に合っています。私は自分のやり方で8番の役割を果たそうとし、可能な限り成功することを願っています。

…彼がもたらした資質:私は自分の考え方でチームを助けることができると信じています。それが私が明確に目指していることです。私の目的は、全員を参加させ、ピッチの内外でチームメートのためにそこにいることです。

…彼のキャリア:私は常にブンデスリーガでプレーするという目標を持っていました。幸いなことに、私は遠回りですが、達成することができました。バイヤー04が興味を持っていると聞いたとき、本当に移籍を望んでいました。私は常にレバークーゼンを好感の持てるクラブだと感じていました。そしてバイヤー04は攻撃的なサッカーの取り組みに成功しています。。

…Werkselfとの個人的な目標:レバークーゼンはブンデスリーガのトップクラブの1つです。目標は、常にチャンピオンズリーグのスポットを狙うことでなければなりません。そして今シーズンもそうします。土曜日のボルシアメンヒェングラートバッハとの素晴らしい試合でこの目標が始まります。本当に楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました