【第2節 ボルシアMG】圧倒的。進撃のBayer04

レバークーゼン 21/22
8/21(土)25:30  バイアレーナ

 

 

レバークーゼン 4-0 ボルシア・メンヒェングラートバッハ

オウンゴール(前半3分)
パトリック・シック(前半8分)
ムサ・ディアビ(後半10分)
ナディエム・アミリ(後半42分)

交代選手

パウリーニョ>アミリ パラシオス>ロバート・アンドリッヒ
シック>ヨエル・ポーヤンパロ
デミルバイ>ヴィルツ
アランギス>バウムガルトリンガー

圧倒的。

序盤からやる気に満ち溢れるバイアレーナ。現状はホームサポーターのみの収容ですが、15,000人が集まったようです。お帰りレバークーゼン。お帰りサポーター。またみんなで感動を分かち合えるときがきたね。今日はやるゾという気持ちが伝わった。ホームチームしか入れないこのシステムはだとそりゃ、ホーム強いよね・・・声援がすごいわ。ちょっとパス出して前にボールがいくと沸く沸く。バッカーのゴールもふいに入ったものだけど、意外とボルシアのプレスが緩くてシュート体勢に入るまで結構時間かけれたと思う。しかし、この試合のバッカーかなり良かったと思う。クレバーで思い切りの良いプレーをして見ていて楽しい。PKを与えたあのファウルも結構ギリギリファウル感あったし、やる気がある感じすね。(しかもファウルはエリア外だったようにも見える・・・)そしてフリンポンとディアビのコンビがよいね、早いし、パス交換がスムーズ。2点目のシックのアシストも絶妙だった。そしてシックは点で合わせるボレー系のシュートはうまい。個人で打開するタイプではないけど、横からのあわせは流石。一発があるストライカーだね。もうエースになってくれ!アラリオも好きだけどね。

その他アミリとかヴィルツも短時間でよく絡むし、色々と褒めたいことだらけ。もちろんフラデツキーのPKストップが一番出かかったと思う。あれ決められてたらもっと違う展開になってただろうし、この試合はMVPあげたい。

色々書いたけど、前節とこの試合でデミルバイがかなり良くなっていると思う。特にこの試合は中盤を完全に支配していたし、ショートもミドルのパスもトラップも絶妙だった。10番のMFらしく、これはこれでありだね。バイヤーは昔からな誰かしら司令塔がいるスタイルだけど、今のチームだとやっぱ彼かな。アミリもうまいし、勝手に令和のバストゥルクと呼んでいるのだけど、いわゆる10番はデミルバイだ。

 

はい、では試合後のセオアネインタビュー

「大きな勝利です。かたまり、コンパクトな連帯でプレー出来ました。最初から大きなエネルギーを感じましたが、試合運びも上手くいきました。また今日は運が良かった。重要なシーンはペナルティだったし、あの状況でゴールを決められれば、グラッドバッハは私たちを苦しめていたと思う。」

(ホーム開幕戦で完勝できたことについて-)「すべてのコーチがこのようなスタートを切りたいと思っています。私たちはようやくファンの前でプレー出来ました。それは間違いなく私たちのモチベーションを高め、良いスタートの理由の1つになっていたと思います。」

バイヤーはこれで2試合で勝ち点4。ディアビーはもう2点目だね。

来週は、アウェーでアウクスブルク。調子は良くなさそうなんでここで叩いて首位いきたいですね。

終わりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました